Businesscard

営業で役立つ名刺印刷のポイント

営業では名刺が不可欠ですが、成果を上げるための名刺印刷のポイントがいくつかあります。まず名刺は裏面も活用するのが基本です。会社で支給される名刺は、裏面に会社の地図やグループ会社の紹介などを印刷しているケースが多く見られます。けれどもこの裏面を上手く活用することで、渡した相手の印象に残るようなものを作ることができます。個人でも簡単に名刺印刷を頼むことができるので、裏面には自分をアピールすることを記載すると良いでしょう。
また顔写真を印刷すると、さらに印象に残るようにできます。この場合、カラー印刷となるので料金は少し高めになります。そのために、ネットプリントで料金の安いところを利用すると良いかもしれません。カラー印刷を行う場合、そのは発色を良くするためにコート系かマットコート系の用紙を選ぶことが大切です
。ただし光沢感のあるコート紙は重厚感が少ないので、ビジネス上で信頼感を与えたい場合には落ち着いた雰囲気のマットコート紙が良いかもしれません。デザイン系の仕事での営業職であれば、コート系の用紙でも良いでしょう。見た目のインパクトを重視するので、フルカラーのデザインで印象に残るようなものにする必要があります。

個性的な名刺で印象に残す工夫を

名刺印刷は個人でも簡単に注文できるようになっています。ネット通販タイプの印刷サービスが増えているので、誰でも手軽に利用できるというわけです。そこで印刷業者は他社との差別化のために、個性的な名刺印刷を提供するようになっています。例えば透明な素材にデザインすることで印象に残る名刺を作ることができます。
通常は名前や連絡先などを分かりやすく印刷するのが基本ですが、このようなデザイン名刺はインパクトが重要なので、英語表記にしても構いません。スタイリッシュ感を出すために、あえて日本語を使わないという選択肢もあります。あるいは名刺といえば定番のサイズが決まっていますが、独特な形状のものにしても良いかもしれません。
直線ではなく曲線となった名刺も、個性的ですしインパクトを与えることができます。印刷サービスでは様々なデザインのテンプレートも用意しているので、気に入ったものを選ぶことができます。また印刷用紙も特殊なものを用意している業者があります。質感などお気に入りの紙を選べるわけですが、サンプルを送ってもらえる業者もあります。名刺はデザインと色合い、用紙の質感などによって受ける印象は全く異なるというわけです。

お洒落な透明名刺印刷における注意点とは

名刺印刷は様々な素材で作成できるようになっています。中でも透明なプラスチックで作る名刺は、スタイリッシュさが人気となって注文も多くあります。けれどもその作成に関しては、注意しておきたいことがいくつかあります。まず仕上がりのイメージをつかむために、サンプルをもらえるようであれば請求しておいた方が良いでしょう。
特に艶ありと艶なしとでは、見た目の印象が大きく違うのでチェックしておくことが大事です。色を綺麗に映えるようにするなら艶ありの方が良いでしょう。逆に落ち着いた雰囲気を必要とするのであれば、艶なしの方が効果的です。またプラスチックのような特殊紙は納品に時間がかかります。スピード印刷をアピールする印刷サービスであっても、透明な名刺の印刷には時間がかかります。すぐに乾燥しませんし、熱を加えるわけにはいかないからです。
そのために納品には余裕を持って注文することが大切です。またデザインのデータを入稿する際には、透明部分をきちんと指定することも忘れないようにしましょう。カラーの見栄えも紙に印刷する場合とは異なるので、求める色合いが透明なプラスチックではどのように見えるのかをチェックすることも大事です。


高品質での名刺印刷は【アドプリント】にお任せください!様々な種類の名刺があり、また人気の名刺のランキングも県債しております!お得に印刷できる、企業様や団体様の割引サービスも実施してみてください!

latest recent